1. TOP
  2. >知って得するお役立ちコラム
  3. >従業員満足度について
  4. >従業員満足度を向上させるポイント

従業員満足度を向上させるポイント

顧客満足度の向上は、多くの企業が意識すべき経営課題として認知されています。しかし、「従業員満足度の向上」についてはどうでしょう。こちらは、(顧客満足度に比べて)まだまだ認識が低いのが実情のようです。顧客満足度を向上させるためには、従業員満足度を向上させることは不可欠な要素なのです。そこで今回は、従業員満足度を向上させるためのポイントについて紹介していきます。

従業員満足度とは?

従業員満足度とは、その字のごとく従業員の満足度を図るものであり、仕事内容、職場環境、人間関係などがその度合いを図る対象となります。
従業員満足度は、必ずしも給料や待遇によって向上するものとは限りません。同じ会社でも、個人個人によって働く価値観は全く違うものとなっています。

なぜ、従業員満足度の向上が大切なのか?

そもそも、モノを作る、モノを売る、といった企業活動の最前線にいるのは、経営者よりも従業員の数の方が圧倒的に多いですよね。となると、満足度が低い従業員が作ったモノ、または売るモノで、顧客満足度を高めることは、恐らく難しいでしょう。つまり、従業員満足度の向上への取組みが不十分な会社が、いくら顧客満足度を謳ったとしても、その目的を達成することはできないのです。

また、仕事のミスというのは、ヒューマンエラーが圧倒的に多いのが実情です。そのヒューマンエラーは、従業員のモチベーションや疲弊感と密接に繋がっており、モチベーションが下がり疲弊感が高まる大きな要因として、従業員満足度の低下が上げられています。

さらに、従業員満足度は、人材確保の面でも重要です。転職をする人が増え、「労働人員」の流動化が活発化している現在、優秀な人材を採用、維持していくことが、企業活動を継続させていくためには、避けられない経営課題となっています。従業員満足度の向上は、人材確保のための必要条件であることは言うまでもありません。

従業員満足度を向上させるために

後半では、従業員満足度を向上させるために、個々の企業が具体的に取り入れている施策をいつくかご紹介したいと思います。

組織外のコミュニケーション

組織とは別に、社内に個人的な繋がりを作ることで、社内に多くの相談相手を作る取組みをしている企業があります。具体的には、自由に会話ができる部屋を用意する、ランチミーティングを定期的に開く、部活動に金銭補助をする、会社の近くに家を借りた社員に家賃を補助することで休日も一緒に行動させる、といった方法で組織外の良好なコミュニケーションを創出しようとしています。

積極的に意見を取り入れることで、参画意識を促す

会社全体で、従業員一人ひとりが、自分の意見を言えるような環境を作り、「従業員より寄せられた意見から、優れたものを取り入れる」という姿勢を示すことで、従業員の参画意識を高めようとする企業もいくつかあります。具体的には上司からの問いかけや、経営陣との直接の面談といったものから、新規立案コンテストの開催まであるようです。

企業が持つビジョンの共有

経営層だけが企業が持つビジョンや、今後の方向性を共有するのではなく、従業員一人ひとりに対して、企業が向かうべき方向性を共有するために、全社会や研修を行う企業も見られます。企業の今後のため、自分の目標のために、今すべきことを従業員一人ひとりが意識することで、目標を達成できるような環境作りに結びつき、従業員のモチベーションがアップすることがあるのです。
ほかには、社内の休憩室に企業のキャッチコピーを描く、企業が掲げるビジョンを掲載したカードを持ち歩く、社内報を作るといったものが取り入れられているようです。

目標の見える化

個人の目標を、数字化したり具体化したりする「見える化」によって、従業員のモチベーションアップや正当な評価に繋げる取組みも、多くの企業が採用しています。具体的には残業時間のグラフ化、営業職以外の、個人の目標が見えにくい部署において、従業員ごとに運用予算や運用する案件の目標数値を立てるといった取り組みなどがあります。

使命感の設定

日々の仕事に対する「使命感」を明確に持たせることで、従業員各自の仕事に対する満足度を高めようとする企業もあります。具体的には「みんなを笑顔にする」といったように、仕事が社会に与える影響をキャッチコピーにして、従業員に浸透させています。

今後、従業員満足度の向上は、ますます重要な「経営課題」となっていくでしょう。業績や利益を上げるための最優先課題の一つとして、従業員満足度の向上を図る対策をしていくことが、企業が生き残るためには欠かすことができません。従業員満足度を上げるための施策にぜひ取り組んでみましょう。

導入に関する お問い合わせ/資料請求

お電話からTEL.03-5646-5526 受付時間/平日10:00〜18:00

お問い合わせ資料請求はコチラインターネットから

PAGE TOP